吸収式冷温水機

ガス冷房時のしくみ

吸収式冷温水機は、水の気化熱を利用して冷水をつくり、冷風を送り出すシステムです。
水の蒸発・吸収・再生・凝縮を繰り返します。冷媒に水、吸収溶液には臭化リチウム水溶液を使用し、フロンを全く使用していないので、環境にやさしい冷房システムです。吸収溶液の凝縮、再生に都市ガスの熱を利用します。

吸収式冷温水器のメリット

環境にやさしい空調

吸収式冷温水機は冷媒に水を使用。オゾン層を破壊するフロンガスはいっさい使用していません。また、冷却塔で放熱するので、ヒートアイランドへの影響が少ない環境にやさしい空調です。

補機動力の低減

冷温水・冷却水ポンプの大温度差や変流量などを取り入れることによって、大幅に補機動力の低減することができます。

省エネルギーを実現

機器効率の向上、台数制御運転や排熱(温水・蒸気・排ガス)を利用することにより、さらなる省エネが実現できます。

運転費の低減

電気式空調と異なり消費電力がかなり少ないこと。都市ガスを燃料に使用し高効率運転ができること。さらに割安なガス空調料金の適用で、ランニングコストも大幅に低減できます。

  • 山口合同ガス 総合TOP
  • ご家庭のお客さま
  • 業務用・企業のお客さま
  • 山口合同ガスについて

PR

  • コムズコーポレーション

リンク

  • 瓦斯燈のある街
  • ひまわりギャラリー
  • 厨房機器 (涼厨)

外部リンク先

  • 食育 ウィズガス
  • GAS GUIDE
  • あんしん高度化ガス普及開発研究会
  • 「ガスと暮らしの安心」運動
  • ガスの安全見直し隊